言葉のちから

感謝










こんにちは!
暖かな秋、いかがお過ごしでしょうか?
寒さが苦手なわたしは、快適に元気に過ごしています!


さて、最近「言葉のちからってすごいな」と思う体験があったので、お話ししたいと思います。

わたしは両親と一緒に暮らしていて、特に母にはいまだによく世話を焼かれているのですが、ある日ヨガ練習中のわたしの部屋へ母が洗濯物を届けに来てくれました。

洗濯物を届けてくれたこと自体は有難い。

でも、集中の邪魔をされたと感じたわたしも同時にいる。

わたしの気持ちはどっちつかずで、分かれ道の真ん中に立っているような気分でした。

わたしは、どちらにも行くことができる。さぁ、どうする!と。



でも、そのとき、とりあえずという気持ちで「ありがとう」とお礼を言いました。

気持ちはそこにちゃんと乗っていなかったけれど、とりあえずです。



すると、どうでしょう。

口に出した途端、なんだか感謝の気持ちに心が傾いたのです。



あ、わたしの心、いま優しい気持ち。いい気持ち。怒ってないぞ。

そう感じる自分がいました。



そして、思ったのです。

これまで何千・何万回と使ってきた感情を表す言葉たちには、それぞれに心と共鳴するようなヴァイブレーションがある、と。

例えば、全くわからないアラブ語で「ありがとう」や「バカヤロウ」をどこかで聞いたとしても、なんの感情も動かない。

でも、自分がこれまでに感情を乗せて使ってきた言葉たちには、同じ感情を湧き起こさせるだけの力が伴っている。



この話をわたしの生徒さんに話したときに、「脳は自分がしている行動と感情がチグハグであることを嫌うから、行動に感情を合わせるそうですよ」と教えてくれました。

なるほどー!

だから、「ありがとう」と言っているわたしが「ありがとうな気持ち」にならざるを得なかったというわけですね。



同じように、ここ数ヶ月、太陽礼拝を練習しているときには心の中で「楽しい!!」と叫びながら取り組むようにしています。

太陽礼拝は太陽のエネルギー、明るくて元気なキラキラしたエネルギーを高める動きなので、それを息を吸うタイミングで使っているのですが、本当にどんどん楽しくなってきます。

楽しい!楽しい!と思っているのに、感情がそうでないのは脳が気持ち悪いのかもしれませんね。笑

無理やり笑ったりするのも同じ効果があるそうです。



自分の中に高めたいエネルギーは何でしょうか?

自分がありたい自分を想像したときのエネルギー感はどんなものですか?

わたしたちは、選択することができるのです。

誰かや何かに感情を支配されるのではなく、自らが選んでいきましょう!

ハッピーに生きましょう♬


なつみ

ーーー

オンラインにて親子ヨガクラスを開催します!
ハルモニウムというインド楽器の伴奏で歌をうたうという特徴的なクラスです。
小さなお子さんでも一緒にできる楽しいクラスにしたいと思います!

開催日時 12月13日(日)9:30〜11:00

お申込み・詳細はこちらへ
https://resast.jp/events/491823

メルマガと痛み別ファストアンサーもやっています
こちらも併せてどうぞ〜
メルマガ【5日間無料ヨガ講座】
https://resast.jp/subscribe/148079/184632
痛み別ファストアンサー
https://resast.jp/page/fast_answer/7207

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です