ヨガ・チッタ・ブリッティ・ニローダハ

2017winter

こんにちは!
師走の忙しい時期になりましたね。
みなさん、いかがお過ごしですか?


わたしは年明けから始まるヨガティーチャートレーニングに備えて、副読本となる参考文献を読みふけっている今日この頃です。
心の作用を止めるということが、いかに平安で至福であるか。
逆に、その作用がもたらす負のスパイラルについて。

実生活に照らし合わせて、腑に落ちること多々…。
本を読み進めるごとに、溜息の深さが増していきます。笑



期待は失望と表裏一体で、利己的な心の作用が働くと、同時にネガティブなマインドも芽を出す。
何かを手に入れようと欲することで、手に入らないことへの執着や不満が生まれる。
欲したものを手に入れた瞬間から、今度は失うことへの恐れと不安を抱くようになる。



すっごい身に覚えあるような内容じゃありません?

わたしは、あぁ〜それわかる、ものすごく実感してる!ってかんじで読んでいます。



何千年も前に書かれた経典が説くことは今の時代にも普遍的に通じる内容だとうことに、ヨガの奥深さ・力強さを改めて感じます。



心の作用ってなに?
意識的になるってどういうこと?
普段、無意識で野放し状態の思考や感情をどのようにとらえ、いかにコントロールするのか。


なーんて難しいことが書いてある本なんですが…

でも実はとてもシンプルな内容なんだということだけはわかります。

そんなことを、ティーチャートレーニングを通して学んでいきたいと思います。



ーーーーーーー

先日、古くからの友人をトリートメントさせてもらいました。
彼女は、長年偏頭痛に悩んでおり、月経時の鎮痛薬は欠かせないものになっていました。
体を触ってみて感じたことは、下半身の極度の乾燥。そして冷え。
ヴァータの乱れそのものでした。

アビヤンガトリートメントでは、できるだけ熱を起こしながらオイルを浸透させ、日々の食生活とオイルケアをアドバイスさせてもらいました。

トリートメントしてから数週間。
友人は、わたしのアドバイスを忠実に守って生活してくれ、なんと月経時の偏頭痛を数年ぶりに鎮痛薬なしで乗り切ることができました。

その報告を聞いたときは、嬉しくて嬉しくて。
もう、泣いちゃいましたね。

利己的な目標を達成することよりも、利他的な目標達成で得られる至福感・満足感てすごいなと思ったひとつのできごとでした。

ーーーーーーーー


2018年は、新たなチャレンジをまたいろいろと計画しています。
きっと、いい経験になるのだろうなと楽しみにしています。
この経験が自他ともに役に立つものとなるよう、ひとつひとつ、心を込めて取り組んでいきたいと思います。

みなさんも、どうぞ良いお年をお迎えください。
今年一年、大変お世話になりました。



Natsumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です