バンコクで贅沢な暇つぶし♬

ウエスティンプール










サワディーカー!

まだ夜明け前の暗いバンコク市内をゆっくり走って、とうとう終点。
中央駅であるフアランポーン駅に30分遅れの6時到着。

またまたこの重い大荷物を抱えて出入り口でモタついていると、ベッドメイキング係のお兄さんがスーツケースを下ろすのを手伝ってくれました。
ごめんなさーい!ありがとう!


それにしても重すぎる!そして多過ぎる!わたしの荷物!もう怪我寸前!わたしも周りも、マジで怪我する5秒前!


最近、90年代ポップスのタイトルをモジッた文がなぜかつらつら出てきます。
なんでしょうね。不思議なんですけど、海外生活が長くなってくると、無性にJポップが聴きたくなることがあるんですよ。普段は日本で全然聴かないのに。

で、勢い余ってTRFのBOY MEETS GIRLをダウンロード。ザ・小室世代。
いい曲ですね。



早朝のフアランポーン駅
フアランポーン










フアランポーン駅からホテルのあるBTSパヤタイ駅まで直行バス
バス












バンコクで旅の最後の2日間を過ごします。

はじめは、シラチャっていう日本人街があるところ(パタヤの手前)に行ってみようかと思っていました。
友人が今度の4月からシラチャに期間限定の移住をすることになり興味があったからです。
で、シラチャだけ行ってもつまらないかな〜ってことでパタヤも調べていたら、近くにラン島という綺麗なビーチのある島があることを知って、今度はそっちへいってみようかと行き方調べたりしていたんですが…


なんだか、面倒くさくなっちゃった!笑


日帰りでビーチに行くっていうのも、なんだかなぁ〜
ひとりだし!笑


でも、せっかくもってきた水着の出番が(インドの遊泳禁止区域のビーチに知らずに入って)まだ5分くらいしかなかったので、そうだホテルのプールでも行ってみよう!と思い立ち、バンコク市内のプールを調べてみると、ありました!ウエスティンホテルにビジターでも利用可能なプールが!

ちょっとだけ小綺麗な格好をして(持ち歩いている服のなかで一番マシなと言ったほうが正確)、ウエスティンホテルの8Fへ。

入場料500バーツで、タオルやシャワールームのアメニティは自由に使えます。
ロッカールームが激寒なのが気になりますが、清潔で綺麗。

ロッカー
アメニティー



















隣にはジム。ジムは別料金。
こういうホテルのジムで運動してる人たちって、どんな人たちなのかな〜?ビジネスマン?
ウェスタンのおじさんが多かったかな。
全員が全員、お金持ちの人に見えてきます。

プールには、はじめはわたしひとりだけでしたが、中国人ファミリーやウェスタンの親子、アラブ系の男性二人組に独り者が数人と、少し賑わってきました。
小さいプールなので、デッキもそんなに多くはありません。

ひと泳ぎしてデッキでくつろぎます。

たまにはカクテルでもと思い、ピニャコラーダを注文。320バーツ。さすがにホテル価格です。
とはいってもタイ。日本でお酒を飲むことを考えれば大した料金ではありません。
ついつい貧乏旅行者の金銭感覚でケチになりがち。もう旅も終わり。贅沢しちゃいましょ。

いい気持ちで少しお昼寝もしちゃいました。

日本じゃ高級ホテルのプールなんて行ってみようと思うこともありませんでしたが、こういう物価の安い国でたまの贅沢はアリだと思います。特に長旅をしている人たち。

プールサイドで素敵な出会いもなく、落としたロッカーキーはバースタッフのおじちゃんから返され、隣にすごいバタ足で泳ぐおじさまが座ったあたりでそろそろ切り上げます。

プール滞在3時間。都会のど真ん中でビルに囲まれて泳ぐのもいい体験でした。



帰り支度をしようとシャワールームに行くと、サウナルームを2部屋発見。
ひとつはノーマルサウナでもうひとつはスチームサウナ。
せっかくなので両方入らせていただきます。

ノーマルサウナには塩水がおいてあり、それを熱した石にかけると部屋の中に蒸気が広がり、タイハーブのいい香り♬
スチームサウナもローカルで行ったことのあるハーバルサウナのような、ちょっと息苦しいけど全身にハーバルウォーターを浴びているような感覚がすごく気持ちいいです。

出たり入ったり、白湯を飲んだりしながら、結局プールのあとも1時間ほどシャワールームに居座りました。
おかげで肌ツルツル!
これで500バーツならむしろ安かった♡



ホテルを出たあとは、日本仕様の服を探しにターミナル21へ。
日本を出発したときに履いてきたコットンパンツは、旅の途中に荷物が増えすぎてアシュラムのリサイクルコーナーに置いてきてしまいました。
なので、現在わたしの荷物にはインドとタイで買ったピラピラのご機嫌な夏服しか入っておりません。笑

今の時期、こんな服で日本を歩いてたら完全に浮いちゃいますからね…。
それでなくても、この日焼け具合は浮くこと間違いなしなのに。

常夏のバンコクなんで、基本冬服なんておいてないんですけど、見つけましたよH&Mに!
セーターやスウェットなんかも売ってます。若干割高ですが。

トップスは迷いましたが、結局買いませんでした。
上着はフリースと薄いダウンベストを持っているので、それでしのごうと思います。
3月だし、大丈夫なはず!

それよりもボトムスが肝心。生地厚めのパンツが必要。
で、ストレッチデニムを購入。ちょうど欲しかったからよかったです。
せっかくならタイ製デニムもいいかなぁ〜と思い、Mcジーンズも覗いてみたのですが、それなりの製品なので、それなりの価格。安いのでも一本2,000バーツ弱かな。
とりあえず必要なだけで良いジーンズを探していたわけではないので、今回はH&Mで。750バーツでした。



日が暮れた夜の18:00。目の前に飛び込んできたのは巨大スクリーン。
ここはサイアム。

サイアム










伊勢丹のビルが街の中心にそびえ立ち、良いもの買うなら伊勢丹へって時代は、今は昔。
小さくひっそり影に隠れるかのように佇む伊勢丹。その周辺には巨大商業施設がいくつも。
タイの商業施設は、どこも規模が大きいですね。
特色がどんな風に違うのかイマイチわかりませんが、とにかくバブルを感じます。
まだまだ建設ラッシュ。
バンコクは空がものすごく遠いです。

ビッグCというどちらかというと庶民的なデパートに大きなスーパーが入っていたので、ここで最後のお買い物。
お土産の買い足しです。
もう入らないっていうのに、まだ詰め込もうとするわたしの根性。
どうかしてますよね。汗

でも最後。本当に本当に、これで最後です。

夕ごはんは屋台飯とビール。
そしてさきほど買ったチップス食べちゃいます。(荷物減らした!)
この魚チップス、まるで魚を感じませんが、すごい美味しい!
なにこれ手が止まらない!
買い足せないのが残念ですが、、、笑

魚チップス











はぁ〜あと一日かぁ〜
明日はやっぱりマッサージに行って締めたいと思います。

Natsumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です