カーンマーケットの誘惑

ナマステ!

パンチャカルマトリートメントを終えて、我慢していた普通食にがっついてしまったわたし。。
リシケシで行っておきたかったOasis CafeとTipTopレストラン、The Officeで食べたものは、滞在最終日にドクターから控えるように指導された食べ物ばかりでした。笑

やっぱり、好きな食べ物っていうのはバランスを崩す食べ物なのね。
トマト、ナスはNG。生野菜は日中以外NG。重たい食べ物NG。

って…
ナスとトマトのムサカ。
ムサカ









サラダたっぷりのフムス。
フムス









ディープフライのバナナサモサ。
バナナサモサ









全部NGだったじゃん!


指導を受けたのが食べた後で良かったです。笑
行きたかったレストランに全部行けて、とりあえず心おきなくリシケシを離れられます。




リシケシからバスで7時間、ニューデリーまで戻ってきました。
なんと驚きのオンタイム。
1時間程度の遅れを見込んでいたため、バスを降りる準備が遅れたほどです。


デリーでは、空港へ向かう前にどうしても寄っておきたい場所がありました。
在印日本人のあいだでは「インドの代官山」と言われているKhan Marketです。
お洒落な服屋さん、雑貨屋さん、カフェが集まっていると聞いて、デリーを離れる前にほんの少しでいいから覗いてみたい!
ということで、カシミールゲートからバイオレットラインに乗って、カーンマーケット駅まで直行しました。

いやぁ〜、便利便利。乗り換えなしで来られるなんて!

本当は邪魔な荷物をニューデリー駅(メトロ)のクロークに預けて来ようかとも考えていたんですけど、乗り換えなしなら、もうそのまま行っちゃえ!ってことで。
そんなに時間もないし、小さなマーケットだし、荷物は店の隅っこにでも置かせてもらえばいいかなと。


さて、駅からすぐのカーンマーケット。
スタバがある時点で、高級エリアなにおいがします。

ハイセンスなお店がたくさん。
さすが高級マーケット。物価もそれなり。
っていうか、高い!です。日本と変わらない。もしくはそれ以上と思えるものも。

バスが遅れなかったことで、予定よりものんびり店を見て回れることになったのが命取りでした。
かわいいものの前には、ガマ口を開かざる得ません。ノーチョイスです。

インド綿を使ったシンプル&ナチュラル系の服屋さんを発見。
どれもこれも、日本で全然問題なく着られるお洋服ばかり!
これは、、、やばいー!!

値段はそこそこしますが、日本で買うことを考えて、それよりはお得だなと思うものを。
なおかつ、今後の旅に邪魔にならないものでなければいけません。

カーンマーケット










次は、目をつけていたケーキ屋さんL’Operaへ。
しばらくアシュラム生活で素朴な暮らしになるので、その前に贅沢しておきたいと思います!
店名からもわかる通り、フレンチスイーツ。綺麗にデコレーションされたケーキや、マカロン、クロワッサンなどのパストリーも充実。
迷う!どれにしよう!フルーツタルトも美味しそうだし、ミルフィーユもいいなぁ。チョコケーキも捨てがたい!ムズ!

オペラ










けれども、欲しがる気持ちと裏腹に、朝昼兼用で食べたパンがまだ消化しきれてない。
チョコパンだったから、チョコはもうくどいかな…

結局、ボリュームを抑えてキャラメルエクレアを注文することに。
エクレアなんて、普段スーパーで100円とかのしか食べてないから、ケーキ屋さんで注文するなんて贅沢してるかんじ、すごいです。けっこういい値段。195ルピーだから300円以上。

さて、店の奥のイートインスペースでカプチーノと一緒にいただきます。
エクレアをフォークとナイフで!初です!

パクリ。

んーーーーーーーーーー♡美味ーーーーーーーーー♡

甘さ控えめのカスタードと、ちょっぴり塩気のあるキャラメルが絶妙なハーモニー!
なにーーーー!!すごいじゃない!!インドやるじゃない!!
これは近所のケーキ屋さんに置いてあったら、リピートしたい美味しさでした。

エクレア











さぁさ、カーンマーケットにいては、心奪われるものが多くありそうで危険です。
余裕をもって空港へと向かいましょ。
あぁ〜本当に楽しいマーケットだったな〜。

メトロに向かう途中にあったモモスタンド。美味しそうに食べているおにいさんがいて気になり小皿を注文。
5個20ルピー。贅沢のあとの超庶民的な値段に和みます。

19時にカーンマーケットを出て、ニューデリーで乗り換えエアポートメトロで空港T2へ。
T2はメトロを降りてからちょっと歩くので、チェックインカウンターに到着したのは20時半頃。
21:45のフライトなので、ちょうどいいかんじでした。
天井が低いからか、昭和っぽさを感じる建物です。
ターミナルもこぢんまり。

なんだか小刻みに食べ続けていますが、一応夕食ということでSubwayのラップを。102ルピー。
パタンジャリでシャンプーと洗顔料を買い、いざ搭乗口へ。
さすがindiGo!オンタイム!
寒い北インドからいっきに南へ!まずはチェンナイへと飛びます。ゴーゴー!

Natsumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です