徒然日記

タイマッサージ学校での日々②

サワディーカー!
こんにちは!

2週間かけて学んだタイマッサージLevel3&4。
Level1&2での基本動作に加え、指圧やダイナミックなストレッチで、リラクゼーション+筋肉の緊張緩和にフォーカスした内容となっていました。

相変わらず、エアー先生の指導はとても細かく、丁寧です。
セラピストの「プロ意識」も大事にしているエアー先生は、一つ一つの動作に無駄がなく、流れるように、しなやかに動いていきます。

お客さまの体も、セラピストの体も、大切に。痛めることなく、疲れることなく、良いエネルギーが巡るように。

言うは易しってやつなんですけどね。

一連の動きや形を覚えないことには、変な力が入ってしまい、わたし自身がリラックスできない。
セラピストの緊張は、受け手にも伝わるものです。
まずはどの筋肉にどの角度からアプローチするのかを頭に入れて、ひとつひとつのシークエンスを練習していきました。
まだまだ自分のものにできたと言えるまでは練習が必要ですが、すぐにでも取り入れたい効果的な手技もたくさんありました。


以前は講師の先生が複数いて、その分生徒の数も多かったのですが、現在はエアー先生ひとりと生徒3-4人くらいが普通みたいです。
生徒の国籍もできるだけまとめているんだとか。そのほうが教えやすいみたいですね。
なので、今回はわたしを含め生徒3人全員日本人でした。
でも、わたしはエアー先生の指導に大きな信頼を寄せているので、他ならぬエアー先生に練習をみてもらえてよかったです。

エアー先生にも、わたしのこの3年での成長を認めてもらい感涙。
手指だけでなくきちんと体を使えていること、それによってエネルギーが流れていることを感じてくれていたようでした。



そういえば。
チェンマイでも有名なタイマッサージ施設のOld Medicine Hospital。
これは、エアー先生のおじさまが設立したものだそうで、チェンマイにある数あるタイマッサージ学校のいくつか(有名どころでいえばITMなど)は、エアー先生の親戚が経営しているんですって。
意外にもチェンマイの学校間に繋がりがありました。


若い頃にはタイマッサージに全然興味がなかったエアー先生でしたが、一族の習わしでタイマッサージを学ばねばならず、結局はそのセンスを見出されセラピストとしてバハマの高級リゾート施設などで働き、SVGを建てるところまで至ったそうな。


寮にひとりで寝泊まりしていた今回、エアー先生とお話する機会がよくあり、今まで知らなかったお話をいろいろと聞かせてもらえたのでした。

そうこうしている間に、無事Level3&4の受講を終え、修了。
あっという間の2週間でした。


SVGに興味のある方がいらっしゃれば、いつでもお問い合わせを。
特にヨガに取り組んでいる方でタイマッサージに興味のある方には、是非ともお薦めの学校です。


Natsumi


SVG卒業

タイマッサージ学校での日々

サワディーカー!
こんにちは!

今回は、タイマッサージの学校SVG Thai massage Training Centerについて紹介したいと思います。


SVGで学ぶのは、今回で3回目。
過去2回は、3年半前と3年前。
タイマッサージLevel1&2とディープティシューを受講していました。
今回はタイマッサージLevel3&4を学びに。
3年ぶりの学校は、いろいろと変わり過ぎていて、ビックリでした。


まず、寮の部屋にベッドが…!以前はマッサージマットを直置きだったんですけどねぇ。
二段ベッドがふたつ。
4人部屋であることには変わりないみたいですが。
でも、今回は、寮に寝泊まりしているのはわたしひとりだけ。
贅沢にプライベートルーム化しました。
ちなみに、以前は無料だった宿泊料が150バーツ徴収されるようになりました。
まぁ、ある意味当然ですけどね…
電気も水道も使ってますから。


そして、祭壇。
とても小さくまとまり、建物の中へと引越しされていました。
プレイタイムもなし。
いろんな国のいろんな宗教の人が来るから…という理由と、もうひとつ大きいのは、校長先生だったPP先生が出家していなくなってしまったことかな…
基本的に、儀式は男性がするものなんですって。
なんだか、ちょっと寂しい感じもしますが。
みんなで唱和するの好きだったんだけどな。


それから、お昼ごはん。
以前はPP先生手作りの美味しいランチが無料でついていました。
それが、今は毎日外食。もちろん自腹です。
講師のエアー先生がひとりで学校を切り盛りしているので、仕方ないですよね。
でも、エアー先生が毎日連れ出してくれる食堂でのランチもなかなか楽しいものでしたよ!
「今日は何が食べたい?」
11時半ぐらいになると、必ず先生からの質問が飛んできます。
その日の気分で、「麺」とか「ごはん」とか、「すっぱいもの」とか「パパイヤサラダ」とか、生徒のリクエストに、少し頭を傾けて、「OK」と言って、エアー先生おすすめの食堂へと連れて行ってくれます。
時には車で15分くらいかかる場所にも。
クラスそっちのけで、ランチに時間を割く日もありました。笑
みんな食いしん坊な生徒ばかりだったから、何の問題もありませんでしたが。


絶品のトムヤムヌードル

トムヤムヌードル










ほぼ毎日飲んだ食後のタイティー

Thai Tea













あー、思い出しただけでヨダレが出る。
美味しい毎日でした。


って、あれ?!
学校での様子を書くつもりが食べ物の話題に。。

マッサージクラスの話はまた次回。


Natsumi

旅ブログのスタート

サワディーカー!
こんにちは!

普段このブログは、日々のあれこれ感じたことや、みなさんにシェアしたいことを徒然に書き綴っているものです。

日本を離れ、異国の地を旅する中で、せっかくなので、このブログで読者のみなさんが少し旅気分に浸ってもらえるようなものにできたらいいなと。

また、このブログが少しでも旅人の役に立つものであればと、情報ノート的要素も兼ねた内容にしていきたいと思います^_^




さて。
9/1に日本を出発して最初に降り立った地はタイのバンコク、ドンムワン空港。
深夜着で、イミグレーションを抜けてもまだ辺りは真っ暗な午前3時台でした。
チェンマイ行きの便はスワンナプーム空港発のため、空港間のシャトルバスが動き出す5時まで、到着ロビー階にて仮眠。

5時、きっかり。バスがやってきました。
シャトルバスには、エアーチケットを見せると無料で乗ることができます。
バス乗り場は、税関を抜けて到着ロビー左手の出入り口付近です。

9月のバンコク。朝からけっこう暑いです。
でも、室内や車内は、激寒です。
タイ人て、皮膚厚いのか?
基本、水シャワーだし、冷たさに慣れているのか…




バンコクからチェンマイへのフライトは、Vetjet航空を利用。
早めの予約だったため、1,500円くらいで取れちゃいました。
バスや列車を使うのがバカらしくなるほど、安い便が出てますね。最近は。
時期にもよるんでしょうが、3,000円くらいでバンコク〜チェンマイが飛べちゃうのは普通のようです。




チェンマイに着いたわたし。
3年前の記憶をたどりながら、マッサージ学校への道をイメージします。
空港と学校はたしか、すごく近かったはず。
エアポートプラザまで15分くらいの距離だったから…歩けるか??と考えました。

歩き始めて1分。
方向がまったくわからない…!笑
わたしは今、どこに向かって歩いているんだ???
しかも、9月のチェンマイをなめてました。
日中、すごーーーーく暑い!!!
あっという間に汗をかき、迷子になっている場合ではない。
確実に道がわかる、旧市街方面へ一旦出ようと決めました。
トゥクトゥク使いたかったんですけどね、地図も住所も準備不足で、行き先を伝えられないため使えませんでした。ばか、わたし。


バスに乗り込み、チェンマイゲートまで。
たしか、15バーツとか?そのくらいだったと思います。
見慣れた景色の場所で降ろしてもらい、ようやく安心した気持ちで歩き始めました。

…が、
出てきたY字路に、うろたえるわたし。
えっと…どっちだっけかな…???
たしか、どちらからでも行けたはず…
こういう曖昧な記憶が一番厄介です。
3年前には、どちらの道も使っていた。どちらの道も見慣れている。
だからこそ、どっちが学校かわからない…!!!

そうこうしているうちに、結局迷子。
同じ道を行ったり来たり。
到着予定時間を随分過ぎてしまい、待っていてくれた先生を心配させてしまったのでした。

ひとまず、SVGにたどり着けたことでホッとひと息。
翌日からの講義に備え、早めの夕食、早めの就寝としました。


Natsumi

チェンマイごはん

旅立ちのとき

成田空港T2













当たり前にあったものを手放す瞬間は、いつも切ない
それは、当たり前と思ったものがかけがえのないものだと気づく瞬間だから
わたしたちは、大事なことを、手放す瞬間まで気付きにくい
きっと人生だってそうなんだと思う

だけど、生きていられるうちでないと
このかけがえのないものは大切にできないから

だから今日一日をなんとなく過ごしてしまわぬように

今日一日を、誰かの役に立てるように
今日一日を、誰かが少しでもハッピーになれるように
今日一日が、そうして満足のいく一日であるように
心を込めて生きていかなきゃいけないなと思うのです



損得無しに純粋に想う気持ちはきっと伝わることとか
利他的な動機に基づく行動は自分を執着から切り離すこととか
意識を「私」から「私たち」にすることで優しくなれることとか

最近、深い納得とともに、そんな実感があります




新たなステップを切る今日
たくさんの応援してくれている人たちの顔を思い出しながら
この与えられた時間をちゃんと意味あるものにしようと心に誓います

いってきます


Natsumi

ナチュラルに生きる

こんにちは!
酷暑が続く毎日ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。


しばらく更新が滞っておりましたが、その間何をしていたかといいますと、ヨガティーチャートレーニングコースを受講しており、5ヶ月間文字通りヨガ漬けの日々を過ごしておりました。


土日のコース受講の他、瞑想クラス、呼吸法クラス、通常のヨガクラスと、課題の取り組み、ティーチングの練習などなどなど。
家と職場とスタジオと図書館を行ったり来たり、友人にもいっさい会わない生活で、この5ヶ月間はとにかくヨガ優先、どんなに忙しくなろうとも仕事やプライベートのあれこれを言い訳にせず、集中して取り組もうと決めて過ごした期間でした。


気づけば、あっっっっっっっという間に最終試験日をむかえ、無事に修了証を授かって卒業。


季節は冬から夏に変わっていました。


とことん自分自身と向き合い、良い人を演じる癖を手放すことに取り組み、あるがままでいられることにチャレンジしたこの期間は、人生の岐路になったと言っても大袈裟でないほどにかけがえのない時間となりました。




コース受講を終え、次なる目標は、このヨガの学びをもう一段深めること。
集中してヨガの「実践」に取り組むことです。
そのためには、ヨガに集中できる環境に身を置くのが一番手っ取り早いということで、9月からインドへ渡ります。


アーユルヴェーダの勉強ももっとしたいと思っていたところなので、ちょうど良いタイミングでした。





ひとつひとつ、今目の前にあるやるべきことを楽しみながらやっていきたいなぁと思います。

真剣に取り組んでいれば、その次の展開は必ず用意されているものです。

先々を不安に思ったり、恐れて二の足を踏んでいるのはもったいない。

その時その時の「今」を大事にしていれば、きっと、素敵な「今」が繋がった素敵な人生になるはず。





先日、ある友人から「なっちゃんの、そのナチュラルに生きるかんじ、いいなぁ」と言ってもらいました。



ナチュラルに。そう、ナチュラルに生きたいなと思います。

何かの因果でやってきた目の前のものを、あれこれ考えずにそっと手に取るような。

ワクワクする気持ち、心地よい感覚に抗わない生き方を。


Natsumi

早起きのご褒美

こんにちは!
全国的に記録的な大雪が降っている今シーズン。
みなさん、いかがお過ごしですか?

静岡に戻って2年半。
やっぱりここは暖かい場所なんだなぁーと実感しています。
東京に住んでいた頃には、なんだかんだで一年に一度は雪の日がありました。
けっこう積もる年もあって、当時坂道の多い場所に住んでいたわたしは、パンプスのヒールを凍った地面にグサグサ刺しながら転ばないように歩いて帰ったものです。
それにひきかえ静岡市は、近隣で雪が降る寒い日でも、雨。
よっぽどのことがなければ雪が積もることなんてありません。

なので、どんなに寒いと感じようとも、他府県の方々に比べれば甘っちょろいのだと思います。笑
冬の寒い朝は本当に苦手なのですが、くじけている場合ではないですね。



さて。
わたしは1年半ほど前から、普段の静岡クラスに加え、焼津のスタジオである毎土朝5:45からのヨガクラスにも通っています。
清水から焼津までは車で約40分の道のりなので、自宅を出発するのは5:00前。
今の時期は、5:00というとまだ完全に夜で、暗闇の中を走って行きます。

そしてクラスが終わり心も体もスッキリした状態で外に出ると、太陽が昇り始めています。
今朝は天気がよかったので、とても綺麗な朝日が見られました。
嬉しくなって、海辺で朝ごはん。
コーヒーとニンジンケーキ。

朝日って大好きです。
静かで澄んだ空気の中に現れる、とっても神聖なもののような気がします。
普段はなかなか見られないから、余計に貴重に感じるのかもしれません。

週に一度は見られるのかというと、季節が変わると、朝日の時間に練習中、とか、運転中…などということになるので、ゆっくり朝日を眺められる時間て、意外と少ないんですよね。

しかも今の時期の、この冬の青空に射す朝陽が、またとっても美しい!

条件がシビアなほど、良いものが見られるってことでしょうか。


気分爽快〜
ありがとう、冬の朝!

0ED6651A-93E2-4B53-BF56-E8F8541ED57D

Natsumi

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます!
2018年がスタートしましたね。
みなさん、どんなお正月を過ごされましたでしょうか。
ここ静岡は、とてもあたたかで穏やかな元旦を迎えられ、綺麗な青空と富士山が見られたお正月でした。



さて。
新年ということで、母はここ数年、知人の方々と「今年の目標とする漢字」を一字決めているらしいのですが、今年の漢字は「今」にしたそうです。


その理由は…

いつも何か不安を感じたときに、娘(わたし)から「今、困っていることはある?」「今、何か問題がある?」と聞かれて、「そうだそうだ、今は何も問題がない」と思い直しているから、今年はもっと「今」を意識して過ごしたい。

と思ったからだそうです。


不安をつくるのは、いつも自分のマインド。
視線の先を過去や未来ではなく今にすることで、だいたいのネガティブな感情はなくなる、
そんな話を常日頃母にしていて、それをちゃんと聞いていてくれた母なのでした。


感激したのはもちろんですが、同時にものすごくハッとさせられました。

わたし自身は「ちゃんと意識を今にもってきているかな」と。

昨年はタブレットの壁紙にこんな写真を使っていましたが、見慣れてしまいその意識が薄れていたことも否めません。

Be present




















教えることは教わること。
改めて母から教わった気持ちで、わたしも「今」にフォーカスした一日一日を過ごしていきたいと思います。


みなさん、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます!


Natsumi

ヨガ・チッタ・ブリッティ・ニローダハ

2017winter

こんにちは!
師走の忙しい時期になりましたね。
みなさん、いかがお過ごしですか?


わたしは年明けから始まるヨガティーチャートレーニングに備えて、副読本となる参考文献を読みふけっている今日この頃です。
心の作用を止めるということが、いかに平安で至福であるか。
逆に、その作用がもたらす負のスパイラルについて。

実生活に照らし合わせて、腑に落ちること多々…。
本を読み進めるごとに、溜息の深さが増していきます。笑



期待は失望と表裏一体で、利己的な心の作用が働くと、同時にネガティブなマインドも芽を出す。
何かを手に入れようと欲することで、手に入らないことへの執着や不満が生まれる。
欲したものを手に入れた瞬間から、今度は失うことへの恐れと不安を抱くようになる。



すっごい身に覚えあるような内容じゃありません?

わたしは、あぁ〜それわかる、ものすごく実感してる!ってかんじで読んでいます。



何千年も前に書かれた経典が説くことは今の時代にも普遍的に通じる内容だとうことに、ヨガの奥深さ・力強さを改めて感じます。



心の作用ってなに?
意識的になるってどういうこと?
普段、無意識で野放し状態の思考や感情をどのようにとらえ、いかにコントロールするのか。


なーんて難しいことが書いてある本なんですが…

でも実はとてもシンプルな内容なんだということだけはわかります。

そんなことを、ティーチャートレーニングを通して学んでいきたいと思います。



ーーーーーーー

先日、古くからの友人をトリートメントさせてもらいました。
彼女は、長年偏頭痛に悩んでおり、月経時の鎮痛薬は欠かせないものになっていました。
体を触ってみて感じたことは、下半身の極度の乾燥。そして冷え。
ヴァータの乱れそのものでした。

アビヤンガトリートメントでは、できるだけ熱を起こしながらオイルを浸透させ、日々の食生活とオイルケアをアドバイスさせてもらいました。

トリートメントしてから数週間。
友人は、わたしのアドバイスを忠実に守って生活してくれ、なんと月経時の偏頭痛を数年ぶりに鎮痛薬なしで乗り切ることができました。

その報告を聞いたときは、嬉しくて嬉しくて。
もう、泣いちゃいましたね。

利己的な目標を達成することよりも、利他的な目標達成で得られる至福感・満足感てすごいなと思ったひとつのできごとでした。

ーーーーーーーー


2018年は、新たなチャレンジをまたいろいろと計画しています。
きっと、いい経験になるのだろうなと楽しみにしています。
この経験が自他ともに役に立つものとなるよう、ひとつひとつ、心を込めて取り組んでいきたいと思います。

みなさんも、どうぞ良いお年をお迎えください。
今年一年、大変お世話になりました。



Natsumi

出張マッサージ会のお知らせ

不定期ですが、焼津のヨガスタジオで毎月開催されるマッサージ会にearth”N”も出店しています。
今月は出店いたしますので、お近くの方、よろしければお立ち寄りください♬
マッサージの他、メヘンディアート(ヘナを使って手足などに素敵なデザインを描いてくれる)、併設のカフェにてベジタリアンランチも楽しめます!

11/21(火)10:00〜16:00
Zentra Yoga Studio
焼津市本町2-16-45

お気軽にお越しくださいませ^_^


Natsumi

母娘ふたり旅

精進ケーキ
















こんにちは。
台風が次々とやってくる10月。
各地で大小様々な被害が出ている模様ですが、みなさんはご無事でしょうか?
ここ静岡市清水区では海岸付近に大きな被害があり、一時は高速道路や鉄道も制限されるほどでした。
被災された方々、一日も早い復旧を願っています。



さて。
そんな台風が近づいた先週末、母とふたりで和歌山県の高野山へと出かけてきました。


先月のとある日、母との会話で年齢の話になり、「残りの人生10年くらいかなぁ」とふいに母がつぶやきました。
母は来年で70を迎えます。
日本人の平均寿命を考えれば、人生80年として確かに残り10年。
人の寿命など誰にもわからないし、10年以上生きることだって逆に明日事故で亡くなることだってありえます。
けれども、10年という具体的な時間を意識したことで、ここ10年の時の流れの早さを思うとあまりにもあっという間に過ぎ去ってしまいそうで、ハッとさせられ、母としておきたいことはいろいろやっておこうと、急に決めた旅だったのでした。



高野山へは8時間かけドライブ。
知らない道を、しかも高速道路を、わたしの運転で往くのは、母も助手席に座っていただけとはいえ、だいぶ疲れたことでしょう。

ようやくたどりついた高野山は、台風予報の影響もあってか、いっさい混み合うことなく、奥の院までゆったりと歩くことができました。
雨が止んで霞がかった景色がますます神秘的。

奥の院












お世話になった喜常院という宿坊は、私たち以外はすべて外国人観光客。
ご住職のお話では、高野山が世界遺産に登録されてからというもの日本人はどこへ行った?と思うほど、外国人観光客が急増したのだそう。

お庭が見える落ち着いたお部屋でのんびり。
テレビをつけずに、静かな時間を過ごしました。

宿坊










こちらの宿坊には、お地蔵様がご本尊として祀られていました。
お地蔵様の年齢は、9月で723歳を迎えられたそうです。
「723!」
母とふたりで、顔を見合わせました。
「ナツミ」だね、と。

今年8月以前でも、また来年以降でも、数字がひとつ違っていたらこんなご縁は感じなかったね、と
今回このタイミングでこちらの宿坊を選んで泊まったことに特別なものをふたりで感じました。



母とのふたり旅は、振り返ってみれば初めてのことで、普段いつも二人行動の多いわたしたちにとっては何だか意外なことのように思えましたが、早朝のお勤めや美味しい精進料理と甘味にも大満足で、またいつもとは違った本当にいい時間をもてました。感謝。


時間、大切につかっていきたいなぁ。

精進料理
みろく庵


















Natsumi